かんたん美腸レシピ 今月の食材 ”りんご” 2013年11月



kokuban70

 

りんごは便秘解消の鉄板食材!!
りんごには水溶性食物繊維の「ペクチン」が豊富。
この「ペクチン」には腸内の善玉菌を増やす効果があります。

リンゴペクチンには悪玉コレステロールを下げる効果や放射性物質を排出する効果まであるそう。

「1日1個のリンゴで医者いらず」と言われる所以ですね。

りんご豆知識

りんごと言えば、iPhoneのアップル社のロゴマーク!!
このロゴに使われているりんごはMacintosh(日本語名は旭)という品種なのだそう。

asahi

この品種はカナダ原産で、近年、日本では生産量が少なく、
幻のリンゴと呼ばれているようです。
酸味が強い昔懐かしい味なんですって。

りんごって私的には日本人が沢山食べているイメージ。
でもある調査によると、年間1人当りのりんご消費量は、オーストラリアが約33kg、
フランスが約30kg、イタリアとアメリカが約20kgだそう。
意外なことに日本は7kg。

りんご1個の重さが350gくらいなので、一年に20個くらい食べている計算。
私はそんなに食べていないような。。。

レンジで超簡単!!温りんご

onringo
【材料】 1人分

りんご 1個・はちみつ 大さじ1・メープルシロップ 大さじ1
シナモンパウダー 適量

【作り方】
1. りんごを皮がついたまま4等分に切って芯を取る。
2. 切ったりんごをボウルに入れラップをし、電子レンジで600Wで2分間加熱する。
3. はちみつとメープルシロップを加えて混ぜる。
4. 粗熱をとってシナモンパウダーをふる。

★生のりんごよりもさらに整腸作用がある温りんご
今日の日テレの「PON!」でも特集されていました。

水溶性食物繊維のりんごのペクチンは、皮に多く含まれていて
加熱するとさらに増加するそう!!

アップルパイみたいで美味しいですよ。
私はこのレシピにヨーグルトをプラスしています♪


SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA