かんたん美腸レシピ

かんたん美腸レシピ 今月の食材 ”とうもろこし” 2012年7月



とうもろこしは世界三大穀物のひとつ。
旬は6月~9月。
とうもろこしは便秘解消に強い味方!!
多く含まれる不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみ、
腸のぜん動運動を促進。
善玉菌を増やして腸内環境を改善し、腸内にある発がん性物質などの
有害物質の排出を促進してくれるんですよ。

とうもろこしの食べ頃


私が小さい頃、おばあちゃんちの畑でとうもろこしを作っていました。
夏休みに収穫してとれたてのとうもろこしを茹でて丸かじり!!
甘くてジューシーなあの美味しさは忘れられません。

後から知ったのですが、収穫後1日で糖分が約2%減るといわれているみたい。
やっぱりとれたてに近いほどおいしいので
買ってからすぐ調理するのがオススメです。

炊飯器でかんたん!!コーンごはん

【材料】(三合分)
とうもろこし 1本・米 3合・昆布 2枚
酒 50cc・塩 小さじ1

【作り方】
1. とうもろこしの粒を丁寧に外す。
2. 炊飯器にといだ米ととうもろこしと酒50ccと塩と昆布を入れる。
3. 3合目の目盛まで水を足し、普通に炊飯。
4. 炊けたら昆布を取り出し、よく混ぜ合わせる。

★缶詰のコーンでも代用できるけどやっぱり生のとうもろこしを
使ったほうがほうが絶対美味しいです。
でもとうもろこしの粒を外すのはひと苦労。。。
とうもろこしカッターという実取り器が¥900くらいで売っていました。
これは便利!!


かんたん美腸レシピ 今月の食材 ”ゴーヤ” 2012年6月



ゴーヤはキュウリ、トウガン、スイカ、メロンなどと同じウリ科の植物。
旬は6月~8月。
苦旨い食材の代表、ゴーヤに含まれる苦み成分の
「モモルジシン」は、腸の壁を刺激し腸の蠕動運動を活発にするため
便秘の予防や改善にも効果的です。
捨ててしまう種やわたには食物繊維がたっぷり。
まるごとジュースにするのもオススメです。

パワー食材のゴーヤ


ゴーヤチャンプルーは大好物!!
初めて食べた時は苦くてビックリしたけど、今ではその苦さに病みつき。

沖縄の長寿を支えるパワー食材と言われるだけあって、
カラダに良い成分がいっぱい。
苦味成分には血糖値を下げる効果やコレステロールも低下させる効果が。
そしてゴーヤに豊富に含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくい特徴があります。
またβ-カロチンやビタミンB1、ミネラル類も豊富で体のむくみをとり、
疲労を回復してくれる効果があります。

ゴーヤというとゴーヤチャンプルーしか思い浮かばないけど
意外といろんな料理があるんですよ。

ゴーヤとナスの味噌炒め


【材料】(二人分)
ゴーヤ 1本・ナス 3本・豚バラ薄切り 100g・味噌 大さじ3
酒 大さじ2・塩・砂糖 少々・みりん 大さじ2

【作り方】
1. ゴーヤを縦に半分に切り、種とワタを取り出してから薄切りにする。
2. ゴーヤに塩をまぶして揉んで、しばらくおいてさっと水で洗って水を切る。
3. ナスを縦に半分に切ってから、斜め切りにする。
4. フライパンに油を熱し、豚肉、ナス、ゴーヤの順に炒める。
5. 合わせておいたタレ(味噌・酒・砂糖・みりん)を加え、味が染みるまで炒める。

★ゴーヤは塩で揉むことや熱湯に通してから流水さらすことによって苦みが和らぎます。
苦味が苦手な方は試してみてくださいね。


かんたん美腸レシピ 今月の食材 ”おかひじき” 2012年5月





おかひじきは海辺の砂地などに自生する植物。
海藻のひじきに似ていることからこの名前がついたそう。
最近ではハウス栽培が盛んになり1年中出回っているけど、
路地ものの旬は4〜6月ごろ。
食物繊維も豊富で便秘解消に最適な食材です。

ダイエット食材のおかひじき

__
私がおかひじきを初めて知ったのは半年くらい前。
テレビで「ダイエット食材」として特集されていました。
おかひじきは栄養豊富なのに低カロリー。

体内の水分量を調節してむくみ予防によいカリウム
便秘改善に効果のある食物繊維
脂肪分解効果の高いカルシウム

を多く含んでいてダイエットにも最適。

初めて食べてからシャキシャキの食感にハマっています!!

おかひじきチャンプルー

【材料】(二人分)
おかひじき 1パック・木綿豆腐 1/2丁・卵 1個
胡麻油 大さじ1・醤油 大さじ2・和風だし(顆粒) 少々

【作り方】
1. 木綿豆腐をクッキングペーパーに包んで重しをして水切りする。
2. おかひじきを食べやすい大きさに切って醤油大さじ2と混ぜる。
3. フライパンに胡麻油を熱し、、1.の木綿豆腐を崩しながら入れて、
少し焦げ目がつくまで中火で炒めて一度取り出す。
4. 同じフライパンに胡麻油を熱して、2.のおかひじきを軽く炒める。
5. 3.の木綿豆腐をフライパンに戻して炒める。
6. 溶き卵と和風だし(顆粒)を加え、大きく全体をかき混ぜぜながら炒める。

★おかひじきは炒めすぎに注意!!
しゃきしゃき感がなくなってしまいます。
お好みで豚肉やじゃこをいれても◎


かんたん美腸レシピ 今月の食材 ”春キャベツ” 2012年4月



春キャベツは葉がみずみずしく柔らか。

キャベツに食物繊維が豊富なのは有名ですが、それだけではないんです。
豊富なビタミンCを始め、ほとんどのビタミン類、ミネラル分も多く含まれています。
そしてキャベツに含まれるビタミンUには、傷ついた胃腸の粘膜を修復し、
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の潰瘍発生を抑制する働きが。
胃を健康に保つことは便秘改善にも役立ちます。

キャベツの保存方法


キャベツは大好きだけど、一人暮らしだと丸々一個買っても
食べきる前に悪くなってしまうのが悩み。
でもカットされて店頭に売られている物は、切り口から水分が逃げてしまって傷みが早いので
丸々一個を買いたいところです。

丸ごとキャベツを新鮮なまま保存するには
新聞紙に包むか、大きいポリ袋に入れて冷蔵庫へ。
1週間で使いきれなそうな時には包丁のさきで芯をくり抜いて
水で湿らせたキッチンペーパーをつめて冷蔵庫へ。
これを試したら2週間たってもシャキシャキでした。

そして保存する時は必ず芯を下に向けて。これ重要です!!

春キャベツのコールスロー

【材料】(二人分)
キャベツ 5枚・にんじん 1/2本・コーン缶 1/2缶・卵 1個
マヨネーズ 大さじ2・塩 少々・レモン汁 大さじ1

【作り方】
1. 千切りにカットしたキャベツとにんじんを塩でもんで、しんなりしたら水気を絞る。
2. ゆでたまごを作ってざっくりほぐす。
3. マヨネーズとレモン汁を混ぜ合わせ、1と2とコーンと混ぜる。

★たくさんお野菜が食べられてヘルシー。
お好みで砂糖やはちみつ、マスタードを隠し味に入れると
ちょっと違ったお味が楽しめます。


かんたん美腸レシピ 今月の食材 ”しいたけ” 2012年3月



しいたけの旬は春(3月~5月) と秋(9月~11月)。
しいたけは、きのこ類の中でもとくに食物繊維が豊富。
さらにコレステロールや中性脂肪を対外に排泄する働きのエリタデニンや
免疫力をアップをする作用があると言われているレンチナンを含んでいます。
しかも低カロリー。
生活習慣病予防や便秘解消、ダイエットにも最適な食材です。

しいたけ狩り初体験


昨年の秋に初めての ”しいたけ狩り” に行きました。
薄暗いところに並んでいる木にしいたけがビッシリ。
結構とるのに力がいるんです。
端が丸まっていて、肉厚なのがよいシイタケらしいです。
お家に帰って採ったシイタケをシンプルに
バターとガーリックと塩コショウで焼いてみたら絶品。
20個くらい食べてしまいました。
”しいたけ狩り” オススメです!!


ひだりみぎみぎみぎ

しいたけのブラックペッパーあえ

【材料】(一人分)
しいたけ 5枚・醤油 少々・みりん 少々・ブラックペッパー 少々
ガーリックパウダー 少々・塩 少々

【作り方】
1. しいたけを食べやすい大きさにカット
2. しいたけと醤油とみりんをあえる
3. ラップなしでレンジでチン(500Wで2分)
4. ブラックペッパーとガーリックパウダーと塩をふりかける(量はお好みで)

★油を使わないのがヘルシー。
簡単にできてお弁当のおかずにも。
ビールのお供にも最高!