便秘って?

ねじれ腸だけじゃない、太る原因にもなる4つの腸の症状とは


私たちのには、本来あるべき「正常な位置」というものがあります。
もしも正常な位置から腸がずれていれば、排泄や代謝にも大きな影響を及ぼして、太ったり、体のラインも崩れる原因になるのです。

腸の状態

日頃、便秘やむくみに悩まされているのなら、あなたの腸ももしかしたら位置がずれていたりゆがんでいるかもしれません。

まずは自分の腸の状態を知って、腸を本来あるべく「正常な位置に」戻すようにしていきましょう。
腸が正常な位置できちんと動き出せば、体も痩せやすくなっていきます。

重要なのは「腸」の位置

腸の働きが悪くなる原因、それは腸の位置が大きく関係しています。
本来あるべき位置よりも前に出ていたり、下に下がっていたりすると、排便時に重要な「腸のぜんどう運動」がスムーズに行われないのです。

それが原因となって、代謝も低下し、太りやすくなるなど体のラインにも影響が及んでしまいます。

骨盤

腸の位置づけを行っているのは骨盤です。
腸は、骨盤の中におさまる「骨盤内臓器」。

つまり、骨盤の位置がずれていれば、おのずと腸もねじれたりするなど、直接的に影響を受けてしまいます。
骨盤をあるべく位置でキープすることができれば、腸も動きやすい美腸になれるのです。

骨盤の調整~体幹に関わる筋肉を鍛えよう

骨盤が歪んでしまう原因は、筋肉の問題であることがほとんどです。
筋力の低下や、骨盤の左右のバランスが崩れると骨盤の位置もすれてしまいます。

骨盤を整えるためには、脚の筋肉だけでなく、骨盤底筋も鍛えることが重要です。

骨盤底筋

筋肉のバランスの悪さからおこる、骨盤のゆがみや腸のトラブルは大きく4つの状態に分類されます。
自分の腸の状態を判断して、エクササイズを行っていきましょう。

いずれも軽度の筋トレになるので、ダイエットにも効果的です。

4つの腸の状態に分け、チェック項目を設けました。
当てはまる項目が多ければ、それがあなたの腸の状態

しかし、チェック項目に4つ以上当てはまるものが複数みられる場合には、「複合型」である可能性も
チェック項目が全てにおいて4つ以下の人は、腸の状態に問題がない人だと考えられます。

でっぱり型の腸

  • ヒールを履くと腰が痛い
  • うつぶせ寝でいると腰が痛くなる
  • お腹が突き出ている
  • でっちりである
  • 脚が太い
  • 頑張り屋である
  • 大抵快便なのに、たまに下痢を起こす
  • 壁を背にして立った場合、腰部分に握りこぶしが一個以上入る

壁を背にして後頭部、肩甲骨、お尻を壁に付けて立ってみましょう。
この状態で腰と壁の間に、握りこぶしが一個以上入る、という人は骨盤が前に傾いていると判断できます。

骨盤の前への傾きは腰痛の原因にも。

出典:http://www.nikkei.com/

でっぱり型の腸が引き起こす不調とは

骨盤が前に傾いている人は、腸が押し出されて腰に負担がかかります。
骨盤が前に傾いていると、その影響から腹筋が伸びて弱くなってしまいます。

このタイプの人は、体の横から見ると腰は反った状態になっており、体には無理な状態。

そしてこのように、無理な体勢で耐えられている、という人は交感神経が優位になることがあり、それが原因となって急に下痢を起こすこともあります。

重要なのは腹筋を鍛えること。
そして骨盤を正しい位置に戻しましょう。

でっぱり型の腸の太り方

でっぱり型の腸の人は、下半身太りになりがちです。

下半身太り

急な下痢は腸の動きも過敏になり、さらにお腹が前に突き出ている体勢が腰に負担をかけます。
腰への負担が脚につながる神経を刺激して、下半身の筋肉はかたくなりやすくなり、血行も悪くなります。

これが、下半身太りの原因に。

でっぱり型の腸のためのエクササイズ

前に傾いてしまった骨盤を、あるべく位置に戻すためには腿の前側の筋肉を緩めることが大切です。
腿の前の筋肉が硬くなり、縮まったままでいると骨盤も前に引っ張られてしまいます。

腿の前の筋肉を緩める

タオルなどを丸めて枕状にし、首の下にしく。
左半身を下にして横になったら、床側にある左手はまっすぐ床と平行にのばす。

右脚を後ろに曲げ、足の甲を右手でつかむ。

右手で足の甲をお尻に引き寄せ、5回ゆっくりと呼吸する。
腰が反らないように行う。
右側を下にして、同じように行う。

腰の強化

膝を立てて仰向けに寝る。
両腕は胸の位置でクロスさせる。

この時、膝はしっかりと左右くっつけ閉じること。

そのまま腹筋をする容量で状態を起こす。
自分のおへそをのぞき込むようにしながら行い、腰が反らないように注意する。

上半身を起こしたら、右ひじと左膝を近づける。
この時、腰をツイストさせ反対側も同様に行う。

2回から3回は繰り返して行う。

ちぢこまり型の腸

  • 猫背
  • 二の腕が太い
  • 疲れやすい
  • 呼吸が浅い
  • 残便感を感じる
  • 便がコロコロと硬いことが多い
  • 内気だ
  • 壁を背にして立った場合、腰の部分に手のひらの厚さが入らない、後頭部が壁につかない

腰の部分に手のひらを入れるときには、親指を手のひら側に曲げてやってみましょう。
この状態の手のひらが腰の部分と壁の間に入らない場合は、骨盤が後ろに傾いていると判断できます。

ちぢこまり型の腸が引き起こす不調とは

骨盤が後ろに傾いていると、上半身の重みが腸に覆いかぶさるようにかかるため、腸はスムーズな動きをすることができません。

それが原因となり、腸のぜんどう運動がうまくできず便が硬くなりがちになるのです。
骨盤が後ろに傾くと、腰が丸くなるため自然と猫背になります。

猫背

そして座ったときに自分の楽な姿勢を取ろうとするため、さらに腰を丸めてしまうのです。

ちぢこまり型の腸の太り方

ちぢこまり型の腸の人は、排便のときに「いきむ」ために使う腰まわりの筋肉が弱くなっています。
これはつまり体幹が弱いということ。

体幹が弱いと、下半身の脂肪は溜まりやすくなります。
そのため、下っ腹がぽっこりに・・・。
体幹をしっかりと鍛えることが重要です。

お腹ポッコリ

ちぢこまり型の腸のためのエクササイズ

骨盤の位置だけ戻すことができても、腸とつながっている横隔膜が硬ければ意味がありません
ちぢこまり型の腸の人は、横隔膜もちぢこまっている可能性が大
しっかりとストレッチしていきましょう。

横隔膜ストレッチ

椅子に浅く座り手のひらを天井にむけた状態で、胸の下にある肋骨に沿わせる。
足は腰幅くらいに開く。

気を吐きながら、上半身を前に倒す。
肋骨にあてている手の甲が腿に付いたら、指先で横隔膜をおすように意識する。
そのままさらに前に倒れる。

このまま指の上に完全に覆いかぶさるようにする。
ゆっくりと3回行うようにする。

片膝立ち

両手は腰にあて、右脚を前に左脚を後ろに置き腰をおとす。
横からみた時には、頭と肩と腰が一直線になるようにする。
後方にある左膝は床に着けずに浮かせる。

バランスが取れたら、腰に当てていた手を背中側で組む。
肘はしっかりと伸ばし、こぶしを引き下げてしっかりと肩甲骨を引き寄せる。

斜め上方を向いて、腰から背中をしっかりと伸ばす。

大きく息を吸うことで、横隔膜も伸びます。
脚を左右変えながら2回ずつ行う。

さがり型の腸

  • 体重よりも太って見られがち
  • 痔である
  • 生理痛が重い
  • 冷え症
  • むくみやすい
  • 便秘でなかなか排便できない(時間がかかる)
  • 排尿時に途中で尿を止めることができない
  • 椅子にすわると膝が開いてしまう

リラックスして椅子に座ったとき、膝が開いてしまう・・・。
このタイプの人は、内腿の筋肉が低下して骨盤が開いてしまっている可能性があります。

生理痛

さがり型の腸が引き起こす不調とは

骨盤が開いていると、腸は下へと下がり「下垂」した状態になります。
内腿の筋肉が硬かったり、力が入りづらい場合、骨盤底筋もゆるみやすく骨盤も開きがちになります。

こうなってしまうと、腸は本来あるべく位置にはいられず、下垂してしまうことに。
内腿の筋肉低下の一番の原因は、運動不足にあります。

あまり普段から歩かない、階段は避けてしまう、という人が多いかもしれません。

さがり型の腸の太り方

腸が下がれば消化吸収機能も低下します。
つまり代謝も悪くなるので、体全体が太りやすくなってしまいます。

体重計

骨盤から脚にかけての筋力の低下は、体液の循環を促すポンプのような機能もうまく働かなくなるので「むくみ」の原因にもつながります。

さがり型の腸のためのエクササイズ

お尻を伸ばす

仰向け寝て、両膝を曲げる。
曲げた右脚の腿に左の足首をかける。

右膝を両手で抱え込んだら、背中が浮かないようにしながら右膝を胸に引き寄せる。
脚を左右変えて両方行う。

内腿のエクササイズ

仰向けに寝転んだら、軽く両膝を立てる。
両脚は内腿を意識してぴったりつけて揃える。

手のひらは床に向け、腕は「ハの字」に広げる。
両脚を揃えたまま、天井に向けて上げる。

腰から脚も直角、脚と足首も直角になるように意識する。
足の裏で天井を押すイメージをもつ。

この状態で足を左右に開く。
開くところまでゆっくりと開閉する。
ゆっくりと3回行ったら、一度脚を下ろして繰り返す。

2セットは行うようにする。

ねじれ型の腸

  • 筋肉質に見られがち
  • 肩こりが酷い
  • 腰骨の位置が左右違う
  • ストレス、イライラが多い
  • 脚を組んでしまいがち
  • 便秘のあとは下痢になる
  • PMSが酷い
  • 体を左右に曲げると、左右で感覚がちがう

立った状態で、太ももから下へと手を滑らせながら体を曲げます。
左右行って、どちらかが曲げづらいなどの違いを感じたら骨盤が歪んでいると判断できます。

ねじれ型の腸が引き起こす不調とは

これがまさにねじれ腸

腸が前後、左右、いかなる形かでねじれてしまっている状態です。
これは歪んだ骨盤の中に、腸が無理やりおさまっていることが原因

これは腸に大きなストレスがかかり、便秘と下痢を繰り返す人も多くみられます。

椅子に座ったら脚を組んでしまう、という人やカバンをいつも同じ方の手で持っていたり、普段の姿勢が原因となっていることが多いです。

脚を組む

ねじれ型の腸の太り方

ねじれ型の腸は、かた太り傾向が強くみられます。
筋肉質であるわけでもないのに、なんだかがっちりとみられてしまうこともあります。

血流をよくして、筋肉のこわばりを解消するのが重要です。

ねじれ型の腸のためのエクササイズ

腰回りをひねる

仰向けになって手のひらを床にむけ、横にまっすぐに伸ばす。
内腿に力を入れ、両脚は閉じる。

そのまま右膝を直角を目安に立てる。
右脚を左脚にのせるようにして腰をひねる。

右側の肩甲骨は床につけたまま、腿の裏やお尻、背中が伸びるのを意識する。
反対側も同じように行う。

骨盤の土台の強化

仰向けに寝て、両膝を立てる。
膝の角度は直角を意識する。

脚はしっかりと閉じ、手のひらは床に向けて両腕は「ハの字」に開いておく。

右脚を膝を曲げずに上げ、足首は直角にしてかかとで天井を押すイメージを。
腿の裏の筋肉が伸び、表側は縮んでいることを意識する。

ゆっくりと右脚を下ろしたら、45度くらいのところで止めてキープする。
5回ゆっくりと呼吸したら、脚をゆっくりと床まで下ろす。

反対側も同じように3セット繰り返す。

太る原因にもなる4つの腸の状態とは まとめ

腸の状態によって太り方にまで違いがあるとは驚きですね。
一言で腸内環境を整える、といってもただ乳酸菌や食物線維を豊富に摂取すればいいというわけではありません

便秘

腸の中も大切ですが、腸が身体の中のどの位置で、どのような形で存在しているのかも重要なのです。
今回は、4つの腸の状態に分けて太り方やエクサイズを紹介してきましたが、多くの女性は複合型でいくつかの状態がミックスしていることも多いようです。

骨盤と腸の関係は深く、骨盤の乱れは太りやすくなる原因にもなることは明らかです。
まずは、自分の腸がどんな状態にあるのかを知り、適度なストレッチを取りいれていくようにしましょう。

ストレッチ

またいくらストレッチだけ頑張っていても、便のため込みがそのままでは腸も身動きがとれません
ストレッチと併用して、プレミアムデトックティーで中からもケアしていきましょう。

プレミアムデトックティー

プレミアムデトックティーは、55種のハーブとスパイスをブレンドしてつくられた排出サポートのお茶です。
エステサロンや、クリニックなどでも扱いがあり一般向けというよりも「プロ仕様」の製品として知られています。

私たちに足りていない食物繊維だけでなく、美容をサポートする成分も豊富に配合されています。
日々の排出を習慣づけながら、しっかりとエクササイズも取りいれていけば、食事制限や過度のダイエットは必要なくなるものなのです。

腸は中からもキレイに、そして本来あるべく正しい位置におさめておけるようにしましょう。

プレミアムデトックティーお試し


便秘は生活習慣病です!!


便秘は生活習慣病の一種

高脂肪・高タンパク食の食生活と運動不足が便秘を悪化させます。

便秘になると大腸内にたまった便が腐敗し、それが発する毒素は腸壁から血中に
再吸収されて全身を巡り、肌荒れや頭痛、肩凝りなどの原因になるというから怖いです。

しかも大腸がんのリスクも高まるそうです。

作る力

ウンチの材料はもちろん食事だが、「食べかす」が占める割合は10%でしかない。
意外にも80%は水分。

水分をよく吸収する食べかすが、ウンチには必要不可欠です。それが食物繊維。
肉や魚はいくら食べても、ウンチのもととなる食物繊維がほとんどありません。
食物繊維は野菜や根菜、果物、キノコ、海藻、豆などで摂取してください。必要摂取量は肉の3倍です。

「食物繊維はサラダで」と思っている人が多いが、もっといい方法がある。

カサのある生野菜はたくさん食べたようでも、意外と量は少ない。
カサが減って量が食べられる野菜スープがお勧めです。私は毎朝、5種類の野菜を使ったスープを食べています。

白米を玄米に、食パンをライ麦パンに替えるなどの工夫で、さらに多くの食物繊維が取れる。

育てる力

ウンチを構成する水(80%)と食べかす(10%)以外の残りの10%は腸内細菌。
大腸に生息する腸内細菌は、便1グラム当たり約1兆個、1000種類に上り、総重量は何と1.5キロ。
これらの力でウンチは良くも悪くもなる。良いウンチを育てるには?

腸内細菌のうち20%がビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌で、10%はウェルシュ菌など悪玉菌、
残りの70%は有利な方に加勢する日和見菌です。

腸内の細菌バランスが善玉菌優位だと、乳酸菌の働きで腸内が酸性になり、乳酸の刺激で腸の蠕動(ぜんどう)運動も
活発になる。乳酸の酸を薄めようと、腸壁を通じて腸内に水が誘導され、便が軟化し、排便しやすくなるのです。
善玉菌優位のウンチは黄褐色で臭くありません。

善玉菌を増やすのに手っ取り早いのは、ヨーグルト。1日200グラムが目安だ。
ヨーグルトが苦手な人はキムチやザーサイなどの発酵食品を。

中でもキムチは“野菜のヨーグルト”というべき食品で、植物性乳酸菌が豊富。
白菜やキュウリなどの野菜が入っているので、食物繊維も取れ、一石二鳥です。

悪玉菌は脂質やタンパク質をエサに増殖する。肉など高脂肪・高タンパク食を続けると、
悪玉菌優位になる。悪玉菌のウンチは黒くて、臭く、硬いのが特徴だ。

出す力

順調にウンチが育っても、加齢や運動不足で腹筋が衰えていては、快便は期待できない。

腹筋や大腰筋が衰えると、ウンチをうまく押し出せなくなります。老人が便秘になりやすく、
出ても細いのは、このためです。これらの筋肉を鍛えるには、ウオーキングが一番。
運動不足の人も、せめて1駅分は速足で歩いた方がいい。

ウンチは健康のバロメーター。大便は“体の便り”と考え、健康アップに役立てようではないか。

ご質問は下記のメールアドレスまでお気軽にどうぞ。

seki@harvest-web.com


ねじれ腸と便秘の関係~あなたは大丈夫?ねじれ腸チェック


「ねじれ腸」というものをご存知でしょうか?
これまでにない便秘の原因として、近年、話題になっています。

「ねじれ腸」というのは、読んで字ごとく、腸がねじれてしまっている状態のことをさします。
本来は「腸管形態異常」といいますが、「ねじれ」という言葉がわかりやすいため、
このように呼ばれています。

しかし、ねじれているといっても腸が閉塞してしまっているわけではありません。
本来折れるはずのないところで折れ曲がっている、といったほうが正しいでしょう。

よく人体の内臓の資料等で見る腸の形は、上行結腸と下行結腸が腹部の両側で
しっかり後腹膜に固定されおり、動かないことになっています。

Frau mit akuten Bauchschmerzen im Bett

しかし、日本人の中にはこれが固定されていない人が見られます。

大腸が固定されていないので、腹腔内で動きやすく本来折れないところで折れ曲がったりして、
腸がもつれてしまうのです。

そこで便が詰まりやすく、これが「ねじれ腸」が便秘の原因の一つといわれる理由です。
実は、日本人の8割以上がこの「ねじれ腸」であると言われています。

ねじれ腸の症状とは?

国立病院機構久里浜医療センターによると以下の4項目のうち、2つ以上が当てはまると
「ねじれ腸」の疑いがあるとしています。

1.子供の頃から便秘だった。
2.腹痛を伴う便秘になったことがある。
3.便秘の後、下痢や軟便が出たことがある。
4.運動量が減った途端便秘になったことがある。

特に「腹痛を伴う便秘」は、腸は動いているが便が通りにくいため痛みを伴うと考えられます。
逆に「腹痛を伴わない便秘」は腸の働きそのものが悪くなっているので、「ねじれ腸」には
当てはまらないことが多いようです。

西洋人にはほとんどこの「ねじれ腸」が見られません。
つまり、便秘になりやすい腸の形は人種的な遺伝がかかわっているのです。

腰痛に悩む女性

もともと日本人の腸の形は一人ひとり違っていてほとんど同じものがなく、西洋人と違って
お腹の中で動きやすく位置を変えやすいようです。

ねじれ腸の形態

そのため、具体的に腸の形態を特定して「ねじれ腸」だと分類することは難しくなっています。
ただし、「腹痛を伴う便秘」がある場合、以下の3条件に当てはまることが統計上有意である
という結果が出ています。

1.大腸内視鏡で盲腸に到達する時間が長い。
2.CTエノコログラフィーで、左胸の下(脾彎曲)、下行結腸、S状結腸の3か所が
ねじれによる
腸管形態異常を起こしており、腹痛の部位と一致している。
3.体をひねる運動をやめたことが発症契機になっている。

腸の形が教科書通りでないため大腸内視鏡が通りにくく(条件1)、ねじれを起こしている部分を
便が通りにくいためそこを通るときに痛みが生じる(条件2)とされています。

ねじれている部分で便が詰まることによって、便が腸内にある時間が長くなって固くなり、
栓のようになってしまいます。

3115799_S

この固い便が蓋をして、下痢をためてしまうことがわかっています。
固い便が出た後、下痢や軟便が出るというのはこれが理由です。

また、「ねじれ腸」による便秘の人は、体をねじる運動によって排泄が促されることが多い(条件3)
のも特徴です。

ねじれ腸はまだまだ医療機関でも対応が不十分

「腹痛を伴う便秘」として似た症状の「便秘型過敏性腸症候群」があります。
しかし、こちらが発症にストレスが関係しているのに比べて、「ねじれ腸」の場合思い当たる
ストレス原因がないことが多く見出されています。

最後に、この「腸の形」という分野はまだほとんど研究されておらず、医療機関に行って
「ねじれ腸」かどうかを尋ねてもまず対応してもらえません。

もし、条件に当てはまっていると思う場合には、体をひねる運動をしたり、腹部をマッサージすると
効果があるかもしれません。

その際には、腹部の疾患、腰痛の有無、妊娠の可能性などに注意して行ってください。

毎日の排便を自然に促すならプレミアムデトックティーがとてもおすすめ。
無料サンプル2日分からぜひ試して見てください。

プレミアムデトックティー公式サイト


トラブルメーカーの「むくみ腸」って知ってる?


こんにちは。
便秘解消推進会会長、風間知子です。

「むくみ」といったら思いつくのは、顔や手足のむくみ。
でも体内の消化器官である腸もむくむことがあるんです。

これが「むくみ腸」です。

「むくみ腸」とはどんな状態?

顔や手足のむくみが、血流の流れが滞ることにより、老廃物や余分な水分が皮膚の下に
溜まってしまった状態であるということはご存知ですよね。

腸のむくみもまさしくそのような状態。
消化器官の中で腸は水分を調節する役割も果たしていますが、腸の働きが
何らかの理由で正常に行われていない場合は、水分を取り込むだけ取り込んで、
排出することができなくなってしまいます。

むくみ腸が引き起こすトラブル

そうなってしまうと腸そのものがむくんでしまい腸の働きは悪くなり、
様々なトラブルを引き起こします。
「むくみ腸」が引き起こすトラブルは、腸自体もむくむだけではなく、全身もむくみに
悩まされることや、体に栄養がうまく回らなくなるために肌荒れを引き起こすこと。

また腸内の老廃物がうまく排出されないため、便秘、腸内のガスによるお腹の膨満感による
腹痛や腰痛が起こることなど、腸だけの問題に留まりません。
また、果てには大腸がんという大きな病気を引き起こしかねない、見過ごせない症状です。

「むくみ腸」にならないために

適度な運動

まずひとつは、腸の血流を良くすること、刺激をあたえることです。
むくみ腸を起こしやすい人は、デスクワークなどが多く、座りっぱなしでいる時間が長い人が
多いと言われています。

上で挙げたように、手足のむくみと同じように、むくんだ腸は腸内の血流が滞っている状態。
血が滞留している状態の腸に刺激を与えるために、適度に普段から運動をすることが有効です。

腸を冷やさない

ふたつめは、腸の手助けになるような食べ物を積極的に摂ること。
冷たいものを過剰に摂取することは、腸内も冷やして血流を悪くしますし、
偏った食事は腸の働きを悪くします。できるだけバランスの取れた食事を心がけることはもちろん、
冷たいものは控えて、温かいものをとることを心がけることが必要となります。

また、腸内の環境を整える菌を増やしてくれるヨーグルトや、食物繊維を積極的に摂って
腸の手助けをしてあげることで、腸がむくむのを防ぐことができます。

食物繊維が豊富なプレミアムデトックティーを
ホットで飲むのもオススメです。

便秘だけでなく、様々なトラブルを引き起こす原因となるむくみ腸。
日頃の生活で十分に防ぐことのできる症状ですので、慢性的な便秘にお悩みの方や、
朝から顔や手足のむくみを感じている方は、日々意識して気を付けましょう。


難消化性デキストリンってなぁに



こんにちは。
便秘解消推進会会長の風間知子です。

そもそもデキストリンとは、デンプンの1種なのですよ。
難消化性デキストリンとは、
「消化しにくいデキストリン」というわけですが、
どういうものでしょうか?

今日は難消化性デキストリンにせまってみましょう♪

難消化性デキストリンについて詳しく

こちらにせまるにはワケがあります。

そもそも、難消化性デキストリンとはトウモロコシから作られた水溶性の食物繊維なのです。
現代人の食生活を補う目的でつくられたそうですよ。
いったい、どんな効果をもたらすのでしょうか?

プレミアムデトックティーにも含まれている、難消化性デキストリン。

なんで入っているのか?

それにもワケがあります。

難消化性デキストリンの5つの作用

1. 糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
2. 整腸作用
3. 脂肪の吸収スピードで遅延作用(食後中性脂肪の上昇抑制作用)
4. 内臓脂肪の低減作用
5. ミネラルの吸収促進作用

私が一番に注目してほしい点は

糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)

です。

なぜなら、
食後の血糖値の上昇、これが急激だと太りやすくなるのです。
食後急速に血液中に流入した脂肪酸やグルコースは、
いったんグリコーゲンや中性脂肪という形に合成されて、
後で小出しに 使えるようにストックされちゃうんです!

血糖値を急速に上げないためには早食いもNG!

血糖値の上昇を緩やかにする食事の仕方

血糖値の急激な上昇を避けるには、間をあけながら、
コース料理のように1食を3回に分けて 食べると
血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

また、よく言われておりますが、よく噛んで食べると
脳の満腹中枢が刺激され、少量でも「おなかいっぱい」という
指令がでて 脳が満足します。

ちなみに私は、必ず野菜から食べます。
全体の食べる量は、とても多いほうだと思うのですがゆっくり、ちんたら
いただいていますよ。

難消化性デキストリンは、この血糖値の上昇を緩やかにしてくれる上に
整腸作用があり、なおかつ脂肪の吸収スピードもゆるやかに、
内臓脂肪は低減し、ミネラルの吸収は促進。

摂取に制限がいらない、というくらい安全性にも定評があります。

ココまで優秀な難消化性デキストリン。
それを含んでいる、食事のお供にプレミアムデトックティーは最適なのですよ。

いい香りにほっこりしながら、ゆったりとお食事してくださいませ。
あなたのカラダの中で、難消化性デキストリンが活躍してくれるはずです。


便秘のタイプ プチ診断


t_02_bg-150x150こんにちは。
便秘解消推進会会長の風間知子です。

今日は、たんに「便秘」ではなく、
あなたの便秘のタイプを プチ診断してみましょう♪

皆様は いったいどのタイプの 便秘なのでしょうかっ。

あなたの「便秘タイプ」診断

※2コ以上あてはまるのが あなたの「便秘タイプ」

直腸型便秘

排便をがまんしているうちに、便意が少なくなってしまった習慣性の便秘。
直腸まで便が下りてきているのに、大腸へのサインが届きにくいために便秘が生じています。

• 朝食抜きが多い
• 排便をがまんすることがある
• 便はかため
• 肉が好き
• 便意を感じることは少ない

痙攣性便秘

ストレスや広で腸が過敏になり、便をうまく運べていない状態です。
この便秘は、過敏性腸症候群の1つです。
※詳細はこちら→過敏性腸症候群

• ストレスが多い
• 睡眠不足
• 便意はあり、おなかが痛い
• 環境の変化があった
• 便秘と下痢を繰り返す
• 便がコロコロしている

弛緩性便秘

運動不足ややせ型、腹筋の弱い人に多い便秘です。
腸のぜん動運動が弱いため、なかなか出ないタイプです。

• ダイエット中
• 食事量が少ない
• 野菜は少ない
• 運動はほとんどしない
• 筋肉は弱い方
• おなかが張るのに、便意がない

いかがでしたか??

私は、どれにでも当てはまってしまう気がしたのですが
直腸型便秘がスタートだったのかな、という気がします。

学生時代は 学校でするなんてイヤでしたし
かといって、都合よく家のトイレでのみ便意を感じる・・なんてことは
ないですものね。

本屋さんで お腹、よく痛くなったな~
インクの匂いが原因とか なんとか、昔ありましたね。
便秘解消のために 本屋さんにいく人も いたとかいなかったとか。

したいときに我慢してしまうこと、特に女性には、多いのではないでしょうか。

ひとまとめに、「便秘」といわず
自分のタイプを知ると、生活習慣や食生活を少しだけ
見直すことができますね。

中々、規則正しく、適度な運動をしながら
食生活にも気をつけるのって 大変なことです。

「出す」習慣を取り戻して
気がつけば 「便秘だったっけ?」と 思われる日が来ることが
私の一番の望みです。