美腸美人になろう



こんにちは。
便秘解消推進会会長、風間知子です。

最近ちょこちょこ聞くようになった「美腸」というキーワード。

やはり美しい人は、腸がキレイ。
美腸美人にならなくちゃ、外から色々ぬっても意味はない!
今日は、美腸美人レシピ!!
早速実行しちゃいましょ。

あなたの肌は腸内環境の鏡

AG047

腸の調子が悪いと、肌荒れがおきたり、ざらついたり、肌のコンディションは悪化します。
過度なダイエットで、お肌がカサカサしたり、食べ過ぎてニキビができたり、
皮脂が浮いたり。腸内環境の乱れは、大きく肌に影響します。

美腸ならオナラも臭くない

善玉菌の多い、美しい腸はきれいで若々しいものです。
ビフィズス菌や、乳酸菌などの善玉菌は、腸の働きを整えて便秘を予防します。
逆に、ウエルッシュ菌・セラチア菌・緑膿菌などの悪玉菌は、腸内で有害物質をつくり
下痢や便秘を引き起こします。
悪玉菌は、肉類や脂肪の多い食事で増えます。

腸の中に善玉菌が多いか、悪玉菌が多いかを判断するためには、
便をチェックすることです。
善玉菌が多い腸なら、ウンチは黄~黄褐色でオナラも臭くありません。
悪玉菌が多いとウンチの色が濃く、オナラも臭くなるのです。

3つの美腸レシピ

レシピ1:腹筋を鍛える

腹筋が衰えていると、腸から便を押し出すチカラが弱くなります。
そのうえ、大腸の位置も下がってしまうので、便秘になりやすくなります。

レシピ2:食物繊維を意識的に多く摂取する

玄米、こんにゃく、わかめ、バナナなど食物繊維が豊富な食材を、1日当たり20~25gを目安として
意識的に摂取しましょう。

レシピ3:ストレスを溜めない

ストレスにより、身体を緊張させ筋肉が張ってしまうので、腸が敏感になり収縮が強まります。
よって、便を送り出す、ぜんどう運動が異常をおこし便の排泄が滞って、便秘をひきおこすのです。

美腸のための3つの基本成分

glass-of-water_2440879

基本成分1:水

腸内の水分不足は、便秘の最大の敵です。
大腸まで届く水の量は、飲んだ分のわずか10分の1程度。
便秘解消には、1日1.5~2ℓのミネラルやマグネシウムの豊富な
ミネラルウォーターがオススメ。
常温で、がぶ飲みせずに少しずつ摂取するのが効果的です。

基本成分2:食物繊維

食物繊維には2つの種類があります。
海藻類などの腸の善玉菌を増やす『水溶性食物繊維』と、
サツマイモや大豆製品などに代表される『不水溶性食物繊維』です。

≪水溶性食物繊維の効果≫
※プレミアムデトックティーにはコレが含まれています。
・血糖値の上昇を防ぐ。
・コレステロールの上昇を抑え、生活習慣病を予防する。
・海藻類に含まれる『アルギン酸ナトリウム』には整腸作用もあり。
・糖尿病改善・心筋梗塞予防・体重コントロール

≪不水溶性食物繊維の効果≫
・腸の運動を促進し、便秘を解消させる。
・大腸を刺激し、スムーズな排便を促す。
・痔・高血圧・血糖値改善・憩室炎・がん予防

基本成分3:酵素

便秘改善に消化酵素は不可決です。
体内での消化酵素不足は、腸の悪玉菌を増加させてしまいます。
残念ながら、体内で作られる酵素の量は決まっています。
外部から、積極的に摂取しましょう。
酵素は熱に弱いので、フルーツ、生野菜、お刺身などがオススメです。

簡単に、酵素ドリンクで摂取するのが一般化してきました。

06201317_51c282762dc71
avex開発の酵素ドリンク⇒ ビジュアライズエンザイムプレミアムジンジャー

今日のおまとめ

美腸美人の道って大変なのかと思いきや
やはりカギは「便秘解消」にあったワケですね。
ピンク色のキレイな腸をつくりあげ、美腸美人になりましょう。


SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA