ゴールデンタイム睡眠で10歳若返る



こんにちは。
便秘解消推進会会長、風間知子です。

睡眠のゴールデンタイムをご存知ですか?
ゴールデンタイムに、ぐっすり、質の良い睡眠をとると美しくなれちゃいます。

それは、成長ホルモンの一番出るといわれる、22時から2時の間。

子供だけじゃなかった、成長ホルモンの大切さ

a0027_002833

なんだか、成長ホルモンって聞くと育ちざかりの子供の頃を思い出します。
その時間は寝ていないと大きくなれないよ・・なんて言われたりして。

確かに、体内の成長ホルモンは13歳~17歳が最も多く、大人になるにつれ減少します。

しかし、この成長ホルモン、
肌のハリを保ち、新陳代謝を促す、美容に重要な役割を担っています。

すなわち、成長ホルモンの分泌量が多いほど、肌が美しくなり、
見た目年齢も若く保たれるのです。

量より質が大事な睡眠時間

girl-in-bed_21034045

ここで注意するべきは、睡眠はたくさん取れば良い、というものではないということ。
人間は、高齢になるにつれ、必要な睡眠時間が減っていきます。

その年代、その人にあった睡眠時間が大切。
とにかく、ぐっすり眠れているかがポイントです。

睡眠が不足すると・・・
※もちろん、長時間寝ていても浅い眠りではいけません。

ストレスが溜まってしまい、逆に成長ホルモンの分泌を著しく邪魔するのです。

質のよい睡眠のとり方

bedroom-bliss_2279165

布団に入っても、なかなか寝付けない・・・
寝返りばかりうってしまう・・・
朝起きてもスッキリしない・・・

良い睡眠をとるためのポイント

● 寝る2時間前の入浴
● 湯温は40℃程度
● 早起き(朝日にあたることはとても大切)
● 軽い運動
● 眠る前にTVやPCに向かわない

人間は、体温が一度上昇し、下がるときに眠気を感じます。
入浴で体を温め、体温が下がり出す時に眠りにつくと、
ぐっすり質の良い睡眠が取れるのです。

しかし、入浴の湯の温度が高すぎては、交感神経が活発になり
逆に眠れなくなるので要注意。

TV、PC、スマホを寝る寸前まで見ているのも好ましくありません。
朝日にしっかり当たり、昼間適度に体を動かすことにより
適度な肉体疲労が、心地よい睡眠をもたらしてくれます。

良睡眠の魔術師、塩まくら

10181945_4e9d58dd82a8d

塩まくらをご存知ですか?
このブログでも何度か紹介していますが、2100円で購入できる、小さな塩まくらが
びっくりするくらい心地よい睡眠へ導いてくれます。

まさに、小さい子からお年寄りまで、気がつけばハーベストスタッフの周りの人間は
ほぼこの枕愛用者になりましたっ。

塩まくらの商品詳細は→ 久米島産塩まくら


今日のおまとめ

私自身も2個持っていて、夜は二つを適当にポジション取りして眠りにつきます。
夜中に枕がはずれていて目が覚めたら、
のび太くん状態で、枕を探し、再び寝ています~。

1歳にならない赤ちゃんにも◎
適度にひんやりするので、赤ちゃんもぐっすり。

眠りの浅い、おばあちゃんにも使ってもらったら大喜び。

現に、購入された方って必ずご家族の分、パートナーの分、など
買い足されております♪

サンプルもないし、実物もさわってもらえないのでなかなか難しいのですが・・・
この良さを伝える方法を探しています!!!


SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA