秋刀魚はキレイ成分がたっぷり!!



こんにちは。
便秘解消推進会会長、風間知子です。

本格的な秋が到来しましたがいかがお過ごしですか?

秋の味覚の秋刀魚(さんま)。
脂が乗って美味しいだけではなく、美容にもよいってご存知ですか??

魚のワタは絶対食べるべき!

sanma

残してしまいがちな「ワタ」。
実はワタこそ美容成分がたっぷりと含まれているので、絶対食べるべき!!

「ワタ」はビタミンAの一種のレチノールが豊富。
化粧品にも含まれている成分でターンオーバー正常化し、シミ、しわ、ハリに効果があります。

秋刀魚の内臓は単純な構造をしていて餌を食べてから消化するまでの時間が短いそう。
そのため独特のえぐみが少なくて、他の魚よりも食べやすいので是非、挑戦してみてくださいね。

皮も残さないで!

秋刀魚の皮には「美容のビタミン」と呼ばれるビタミンB2が他の魚の3倍以上も含まれています。
残してしまうのはもったいない!!
焼く前に焼き網を十分に熱しておくと皮がはがれにくくなります。

美味しくてキレイになれる食べ方

a0007_000525

焼き秋刀魚と言えば大根おろし。
定番の食べ合わせですが、これは美味しいだけではなく、ちゃんと意味があります。

大根の消化酵素が秋刀魚のビタミンや鉄分の吸収を促進してくれます。
レモンやかぼすでも同じ効果があります。


今日のおまとめ

秋刀魚は血液をサラサラに保ってコレステロールを低下させる「不飽和脂肪酸」、
代謝を活性化させる旨み成分の「タウリン」「イノシン酸」などを含み、
美容にもアンチエイジングにもダイエットにも嬉しい食材なんですよ。

今まで魚のワタと皮は当たり前に残していました。
でもこんなにお肌に嬉しい成分がいっぱいならたべないと損!!
これからはちゃんと食べるようにします。


SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA